ENEOSは高配当で有名な石油・金属事業です。しかしここしばらく株価は軟調に推移しています。ここで改めて、今後のENEOSはどういった舵取りをしていくのか、株価の推移はどうなっていくのかを見直したいと思います。

どうしても石油天然ガス事業者は市況の影響を受けてやすくなってしまいます。各社は少しでも市況に左右されづらい事業ポートフォリオを構築しようと投資を積極化していますが、現状ではまだその域にまでは行けません。

なので私たち投資家としては、業種をしっかり分散した株式ポートフォリオを構築して、どんな市況でも利益を目指せる投資を心がけていきたいものです。投資禅チャンネルがその一助になれば幸いです。

 386 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です